働いた分だけもらう日給の仕事

日給制のメリット・デメリット

日給制とは1日を単位として金額を定め出勤した日数に応じて賃金を支給する制度です。現在では多くの企業が月給制(1ヶ月単位でいくらと定めて支給)を採用していますが、アルバイトやパートタイマーなどの非正規雇用者や日雇い労働者、天候により仕事の有無が左右される労働者には日給制が適用されるケースが多いです。

日給制のメリットは「働いたら働いた分だけ貰える」という金銭面と「比較的休みたいときに休める」というメリットがあります。労働日数の多い月は年平均より多く稼ぐことができますし、短期間だけ集中して稼ぎたい場合にもメリットある働き方です。さらに日給制の場合にはその日のうちまたは翌日には給料が支払われるので急な出費やすぐにでも現金が必要な場合には重宝します。また、お昼休みや休憩時間を取ったり万が一仕事が早く終わった場合でも決められた日給額が支払われます。デメリットはやはり月給制に比べて不安定な点です。月給制の場合には祝日が多い月であっても月の支給額は決まっているので毎月の支出があっても安定して生活を送ることが出来ますが、日給制は労働日数が少ないとその分支給される賃金も少ないです。上記の点を踏まえて自分の生活に合った働き方を見つけると良いでしょう。

Copyright 2017 働いた分だけもらう日給の仕事 All Rights Reserved.