働いた分だけもらう日給の仕事

日給の制度の違いについて

日給とは1日につき賃金が決まった給与のことです。アルバイトの募集には時給が案内されている傾向が強いのですが、1日だけのアルバイト、具体的にいいますとイベントのスタッフ等で働く場合などに見られることがよくあります。また、日給制をもとにした給料のスタイルで日給月給制と呼ばれる制度があります。算定自体は日給と同じ1日につきどれだけという計算法ですが、受け取りは1ヵ月ごとに実行する形式です。このシステムですとトータルして給料を支払うことが出来るので振り込みにかかる手数料等、企業から見れば経費の削減に関係するのでたくさんの企業でこのスタイルがとられています。

配慮しなければいけないのが、月給制は前もって掲示されている額面の固定の給与です。遅刻又は早退、さらに体調がひどく休んでしまったケースでも、給与から会社に行けなかった時間分、差し引かれることなどありません。それに対して、日給月給制は遅刻または早退、そして体調が悪く休みを取ってしまった場合でも給与から会社にいけなかった時間分引かれます。ですから、どのようなケースが給与から差し引かれる対象になるのかについて勤める前に正確に見定めておくことをおすすめします。

お役立ち情報

Copyright 2017 働いた分だけもらう日給の仕事 All Rights Reserved.